Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「スマート農業」の普及拡大に向け新技術を実証 JA全農ひろしま2019年7月10日

一覧へ

 JA全農ひろしまは、「農業者の所得増大・農業生産の拡大」に向けて、スマート農業に関する 生産現場での実証をすすめている。

 農業者の高齢化や労働力不足による課題の解決策として、「ICT」「IoT」など スマート農業に関する技術が注目されるなか、JA全農ひろしまは、ほ場管理や環境センシングなどの普及に向けた実証に取り組んでいる。
 「中山間地において対応できるもの」「 現場で使いやすいもの」「費用対効果が見込めるもの」を多角的に検証するため、県内各地の担い手農家をモデル経営体として選定。今年度は、JA全農ひろしま直営の水稲実証ほ場を三原市高坂町に設置し、環境モニタリングや自動水門、 可変施肥機など、農業ICTを導入した「水田の模擬経営実証」を行う。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る