Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

有村架純主演・生活障害共済TV−CM「将棋」篇放映 JA共済2019年7月19日

一覧へ

 JA共済連では、女優・有村架純さんと浜辺美波さんを起用した生活障害共済「働くわたしのささエール」の第3弾TV−CM『将棋』篇(30秒/15秒)を制作し、7月22日(月)から全国で放映を開始する。

 ライフアドバイザー(LA)有村架純さんとその妹役の浜辺美波さんの日常生活を、いきものがかりの楽曲「太陽」にのせて描いたJA共済の生活障害共済「働くわたしのささエール」TV−CMは、今春の第1弾放映以来、多くの反響が寄せられ、JA共済連資料への請求件数も大幅に増加している。
 今回放映を開始する第3弾CMは、地域の人々が集う将棋道場が舞台。
 CMでは、子どもの頃から、"師匠"と慕う常連のおじいさんに対して、勝負を挑む有村さん。敗戦濃厚となる中、「ピンチの後が大事だともいわれました!」と、とっさにひらめいた一手を指すと、今度は、師匠が渋い表情で考え込み、ついには「負けました」と頭を下げるというもの。将棋に負けそうになったときの焦った顔や、渾身の一手を指したときの自信満々の表情、劇的な結末に状況を理解できていない不思議そうなリアクションなど、豊かな表情で場面ごとの気持ちを表す有村さんの演技力が魅力。
 訪問先のシーンでは、「働けなくなったその後の生活をささエールです」という生活障害共済を提案する有村LAも。
 TVCM・映像ライブラリ(JA共済)でも視聴できる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る