Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

共同購入で21億削減効果-日本文化厚生連2019年7月29日

一覧へ

 日本文化厚生農協連は7月25日に東京都内で通常総会を開き、30年度の事業報告などを承認した。

あいさつする神尾会長あいさつする神尾会長

 

 神尾透会長(山口県厚生連経営管理委員会会長)は、国が進める病院機能の役割分担など制度改革への対応と消費税引き上げという厳しい環境のなか、JA自己改革では福祉事業などを通じた地域貢献も目標としていることから「いかに文化連が貢献できるか、会員の声をしっかり受け止めて進めていきたい」などとあいさつした。
 30年度は厳しいメーカー・卸交渉となったが目標を達成した。会員に対する医薬品と医療材料の還元・費用削減は約21億円となった。会員の利用結集の実績は約726億円で、そのスケールメリットの力に加えて病院、厚生連、文化連が役割を発揮し一体的に共同購入に取り組んだ成果と報告した。
 30年度の事業成績は経常利益が1億8400万円。当期剰余金が1億3000万円となった。
 文化連は今後、会員の結集による廉価購入の推進と全国規模の「共同購入ビジョン」の策定、「声を聴き共有する活動」を展開していく。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る