Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台湾に直営農畜産品販売店『じゃじゃ』オープン JA全農2019年9月6日

一覧へ

 JA全農インターナショナル(株)の台湾現地法人「台湾全農インターナショナル(株)」は、9月6日、日本農畜産品直営販売店「じゃじゃ」(※)を台湾にオープンした。

「じゃじゃ」全農店内の「じゃじゃ」のロゴの前で農畜産物を紹介

 同店をオープンした目的やコンセプトは、まず、JA全農グループが「自らが輸出し自ら売る。」をテーマに、台湾の人たちに日本産農畜産物をより身近に食べてもらうこと。次に、この店舗で定期的に産地フェアなどを行うことで、日本の各産地が自らの産品・商品を台湾でPRするための場を提供すること。そして、日本各地の農畜産物の良さを台湾の人たちに伝え、台湾での日本産農畜産物の消費拡大を図ることだ。
 「じゃじゃ」では、日本から輸入した農畜産物(米・果物・和牛など)や加工品(ジャム・ジュース類など)をはじめ、日本産米・果物を使用したジェラートを販売する。また、日台友好の取り組みとして、台湾農会(日本のJAに相当)の特産品も取り扱う。 

※「じゃじゃ」とは、JAをヒントに、台湾語で「ここ、ここ」「これ、これ」を意味している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る