左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新規採用職員14人が農業体験研修-JAいしのまき2020年5月25日

一覧へ

JAいしのまきは、2020年度新規採用職員14人の農業に対する理解を深めるため、5月11日から農業体験研修を行っている。

苗箱を従業員に渡す新規採用職員苗箱を従業員に渡す新規採用職員

水稲や輪菊の栽培を手がける宮城県石巻市の(株)宮城リスタ大川で、1週間程度の研修を2班に分け6月18日までに各2回行うもの。

5月は水稲の苗箱の積み込みやほ場のごみ上げなどを体験し、6月は輪菊の芽かきや出荷作業に挑戦する。職員は従業員と協力してハウス内に並ぶ苗箱を軽トラックに積み込み、「思っていた以上に苗箱が重く大変だった。しかし、農業を学ぶ機会としては貴重な体験だった」と感想を述べていた。

JAいしのまきでは、入組3年目までの職員を対象に体験研修を行っている。農家出身の若手職員も多いことから、農作業を実際に行い農家やJAに対する理解を深めてもらうため、2014年から継続している。

入組2~3年めの職員も同様の研修を7~8月に行う予定。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る