左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ禍で「バケツ稲づくり体験」に注目 学校やベランダで気軽に米づくり2020年6月5日

一覧へ

JAグループは、恒例の気軽に稲作体験ができる「バケツ稲づくりセット」を今年度は27万セット用意し、公式ウェブサイトで6月12日まで無料配布を行っている。

バケツ稲づくりセットのマニュアルバケツ稲づくりセットのマニュアル

「バケツ稲づくりセット」は、家庭で稲づくりができるよう、バケツ1個分の種もみ、肥料、マニュアルをセットした体験セット。バケツにミニ田んぼを作り、お米・ごはんや農業への興味と理解を深め、日本型食生活の食事を見直してもらおうと、平成元年から始めた事業だ。

今年度分はすでに23万セットを配布。コロナ禍で学校の休校などがあったが、食育や作物の栽培授業の重要性を考える小学校など各種教育機関や個人からの申し込みが集まっている。

バケツ稲づくりを授業で取り入れている学校からは、栽培時期を遅らせたり、児童に自宅での栽培を奨励するなどの取り組みを工夫しているという声が寄せられている。また、校外学習が難しい学校では、田んぼ教室の代わりにバケツ稲づくりで子どもたちに稲作体験をさせるなど、コロナ禍の状況でも食育にバケツ稲づくりが役立てられている。また、個人の参加者からは在宅中に「家族の心の癒し」になるという声も寄せられているという。

「バケツ稲づくりセット」は送料のみ実費。JAグループのウェブサイトから申し込める。

【バケツ稲づくりセット申込】

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る