Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「現場に寄り添った力強い農政を」新農水大臣就任で中家会長が談話 JA全中2020年9月17日

一覧へ

菅義偉内閣が9月16日に発足。農林水産大臣に初入閣の野上浩太郎氏が就任した。これを受けJA全中の中家徹会長が談話を発表した。

談話で中家会長は、新型コロナウイルスとの戦いが続くなか、その教訓を活かし、新しい生活、社会づくりと経済・地方の活性化を進めることが最重要課題であると指摘。農業については、コロナ禍の教訓をふまえ、「国消国産の拡大等による食料安全保障の強化、地方回帰の促進等による農村活性化が喫緊の課題となっている」とし、現場の実態と声をふまえ、新たな食料・農業・農村基本計画の実践・実現を強力に進めるよう求めた。

また、初入閣で政権中枢の重要ポストを務める野上大臣に対しては、「米どころ富山県の出身。コロナ禍で悪化している米の需給問題など、食料・農業・地域をめぐる課題が山積みする中で、現場に寄り添った農政の推進にご尽力いただきたい」とコメントした。


(関連記事)

農水大臣に野上浩太郎氏 16日発足の菅新内閣

【野上新農相】成長産業化に向け輸出と改革継続-就任会見

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る