想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

愛媛限定栽培「紅まどんな」予約受付開始 JA全農えひめ2020年10月21日

一覧へ

JA全農えひめは、JAタウンの「JA全農えひめ直販ショップ」で、ゼリーのようなとろける食感で人気の愛媛オリジナル柑橘「紅まどんな」の予約受付を開始した。

愛媛限定栽培「紅まどんな」予約受付開始 JA全農えひめ

愛媛オリジナル品種の「紅まどんな」は、「JAタウンアワード」果物部門で3年連続第1位を獲得して"殿堂入り"した柑橘。薄くて柔らかい外皮と薄皮で、果肉はゼリーのように滑らかで果汁たっぷり。新食感の柑橘としてお歳暮など贈答用商品としても人気が高い。

「紅まどんな」は、JA全農が商標登録しているブランド柑橘。愛媛県農林水産研究所果樹研究センターで育成された品種「愛媛果試第28号」の中で、糖度・酸度・外観などJA全農えひめが定める品質基準をクリアし、愛媛県内のJAを通じて出荷した商品だけが「紅まどんな」を名乗れる。なお、柑橘品種の「愛媛果試第28号」は、愛媛県だけで栽培が認められている。
今シーズンの「紅まどんな」の発送は11月末頃から。

【JA全農えひめ直販ショップ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る