想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新たな活動指針を提起 Withコロナ時代に対応 JA全国女性協が交流集会2020年10月28日

一覧へ

JA全国女性組織協議会は10月27日、オンラインで第24回フレッシュミズ全国交流集会を開いた。テーマは「子どもたちに『食』と『農』の価値を伝えよう!フレッシュミズだからできること~」。全国の会員のほか、中央会、JAの事務局職員など約130人が〝参加〟。作文コンクールや事例紹介、活動報告のほか、Withコロナ時代に対応した女性組織の新たな活動指針を提起した。

JA全国女性組織協議会

交流集会は、全国域の交流で仲間づくりを進め、情報交換や相互の交流を深めることで、将来の女性組織を担うリーダーを育成することを目的とする。「フレミズ活動〝私の一歩〟」主な内容は、作文コンクール最優秀賞、優秀賞受賞者の発表、フレッシュミズ組織活動活性化についての協議・学習についてなど。

実行委員のJAいずみの(大阪府)の小西恵美子さんが、交流集会を「コロナウイルスで溜まったストレスを、交流によって解消し、地域で頑張れる明日の糧(かて)にしよう」と呼び掛けた。またJA全中の肱岡弘典常務は、コロナ禍によって地方の価値が見直されていることに触れ、「農村にこそ本物の価値がある」と励ました。

作文コンクールでは、最優秀賞の長野県JAみなみ信州女性部高森支部フレッシュミズの佐々木貴子さん、優秀賞の山形県JAさがえ西村山女性部の国重妙子さん、同じく優秀賞の宮崎県JA宮崎中央女性部フレッシュミズの児玉亜沙美さんがそれぞれ発表した。

また、「Withコロナ時代における新たなJA女性組織の活動指針」では、新型コロナウイルスに対する感染防止活動や、いま実質的にストップしている活動を再起動するため、インターネット、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの活用を挙げている。

提案の中では、在宅による「家中(いえなか)活動に挑戦しているJAしが女性協議会、SNSで情報発信しているJA長野県女性協議会どの、オンライン教室を開いているJAあいち海部などの事例を紹介した。提案説明したJA全国女性協の加藤和奈会長は「Withコロナの時代でも、できることから活動に取り組み、一歩ずつ着実に前進し、JA女性組織を活性化させよう」と呼び掛けた。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る