左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

旬のピーマンで給食彩る 産地をアピール JAおおいた2023年9月7日

一覧へ

8月29日、JAおおいたピーマン生産部会竹田支部が地元の子どもたちのためにと、竹田市内生産農家がつくったピーマン27キロを贈呈した。

旬のピーマンで給食彩る 産地をアピール.jpg

西日本でトップクラスのピーマン生産量を誇る大分県では、夏秋ピーマンが最盛期だという。同支部ではピーマンが市内でも生産されていることを子どもたちに知ってもらおうと、市内生産農家46戸の協力を得て毎年贈呈している。

品種は、皮が薄く、えぐみが抑えられた味わいが特徴の「さらら」。27キロのピーマンは、市内2カ所の学校給食調理場で調理され、8月31日は「チンジャオロース」、9月13日は「無限ピーマン」の約1600食分になるという。市内の支援学校や小中校の給食に上る予定だ。

8月29日に行われた贈呈式には土居昌弘市長をはじめ、同支部の生産農家ら7人が出席。JAおおいた豊肥営農経済センター担当者は「子どもにも喜んでもらえると思う」と話した。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る