人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

国産梨花粉供給事業化へ 中国産輸入停止に対応 3年後全国展開めざす 千葉・JAいちかわ2024年2月27日

一覧へ

千葉県JAいちかわは梨花粉採取・販売事業に本格的に乗り出す。中国で火傷病が発生して輸入できなくなった受粉用の花粉を自賄いする。今後花粉採取専用ほ場を確保し、管内の梨生産者へ供給するとともに、2027年度をめどに生産体制を整え、全国展開する考えだ。

あいさつする今野組合長

あいさつする今野組合長

千葉県は日本一の梨の生産地で、主に同県西部、東京都に接するJAいちかわ管内で生産されている。主力の市川市と船橋市合わせて約300の農家で500ha余りの梨園がある。

普通、梨の受粉はミツバチを使うが、温暖化によって梨の開花が他の種類の花と重なるため効率が悪くなっている。また花粉採取に多くの人手がかかるため、中国産の輸入花粉を使う生産者が増えていた。

その中国で昨年8月。果樹の大敵である火傷病が確認され、花粉の輸入が停止したため受粉用の花粉の確保が喫緊の課題となった。もともと同JAでは1965(昭和45)年から花粉銀行を設け、生産者が自家採取した花粉を保管する支援を行ってきた。

花粉採取事業は、それをさらに拡充して生産者の支援を強化する。計画では船橋市と市川市の2カ所にそれぞれ40a、20aの花粉採取専用ほ場を設置する。今後、花粉の多くとれる品種やネパール産の梨などの導入も予定している。また、生産者から剪定枝を集め、JAの施設で加温し、人工的に開花させて花粉を採取する。

当面は管内の生産者への供給を中心にするが、3年後の2027年までには軌道に乗せ、全国販売に持ち込む計画だ。2月26日同JAが開いた説明会で、今野博之組合長は「労働力不足で梨生産の縮小を考えている生産者には花粉を専門とする経営も考えられる。全国の梨産地の花粉事業に対する関心が高く、儲かる農業として花粉ビジネスを確立させたい」と抱負を語った。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る