Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA三井リース中央(1)SP

JAの活動:新世紀JA研究会 課題別セミナー

【JAの挑戦/福島県・JA東西しらかわ】繁殖牛モデル農場で低コスト・多頭化へ2017年1月27日

一覧へ

 福島県JA東西しらかわの肉用牛繁殖モデル農場の子牛の出産が相次ぎ、7月の初出荷に向けて順調に育っている。

出産を控えた繁殖母牛 モデル農場は、生産者の高齢化で減少する繁殖牛の生産を維持・拡大するためJA自ら経営する農場で、ここで確立した飼育技術や経営ノウハウを普及させ、生産者の経営を支援する。
 一昨年の8月から導入し、今年1月までに42頭が出産。現在52頭が妊娠中で、この後4月ごろにかけて出産が相次ぐ。昨年9月に生まれた3頭は7月に初出荷の予定で、8月18頭、11月11頭の出荷予定。
 農場は畜舎構造の改善や繁殖に係わる最新のシステムを導入。少数飼いの多い現状から脱却し、多頭化を進める。県南地域の畜産振興の拠点になるよう、JA自ら挑戦し、実証する考えだ。
(写真)出産を控えた繁殖母牛

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る