JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2019.03.19 
【ヒント&ピント】伝えよう!JAの自己改革8一覧へ

 JA改革が大詰めに入り、さすがに各JA広報誌も、「自己改革」の取り組みを紹介するJAが増えているが、この時期、改革の基本である組合員の声を聞き、それへの回答を掲載するところが多い。これから、全組合員のアンケート調査を通じてさまざまな意見があがってくる。すべてオープンにして、組合員の議論を起こしたい。

「徹底した話し合い」から

 

◆厳しい注文も
JAいわて平泉の「KOSHERU」

JAいわて平泉の「KOSHERU」.jpg 地区運営委員会で出た意見や注文を集約して紹介している。営農経済センターごとに開き、平成30年の事業報告、31年度事業計画のほか、自己改革の進捗状況、支店再編に伴う遊休施設の対応等で協議した。JAは支店を「統廃合して数字をつくるだけではなく、未来を見据えた取り組みを行ってほしい」などの厳しい意見もある。3月には管内23会場で春期組合員座談会を開いた。この内容も知りたい。

 

 

◆みんなの声を
JAあいち豊田の「グリーンボイス」

JAあいち豊田の「グリーンボイス」.jpg 「組合員のみなさんに聞きました『実感してますか私たちの自己改革』」のタイトルが引きつける。JAが取り組んできた「自己改革」の感想を聞いている。改革の内容を写真で紹介し、5ページにわたり、10人(夫婦を含む)が登場。「農薬価格が下がってうれしい」「リースハウスで夢が広がる」など、見出しだけで内容が分かる紙面になっている。この手法は学びたい。

 

 

◆女性の意見も
JA紀南の「Kinan」

JA紀南の「Kinan」.jpg 「自己改革」の特集で、管内3ブロックで開いているJA紀南女性会とJA役職員の対話集会の内容を丁寧に紹介している。いずれも組合長をはじめ常勤役員が出席。各会場ともJA自己改革から県1JA、准組合員問題、Aコープの運営まで幅広い意見を掲載している。この手の記事は、文字ばかりで読みにくくなりがちだが、写真をうまく配置し、とっつきやすい紙面になっている。

 

本シリーズの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ