Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:今さら聞けない営農情報

コンプライアンス7 農薬取締法その6【いまさら聞けない営農情報】第65回2020年8月21日

一覧へ

農薬取締法その6です。

農薬取締法は、農薬残留基準値を超えない正しい使い方ができるように、使用基準として、用法・用量・使用回数・収穫前使用日数等を定めています。

なので、使用基準を守って使用していれば、農薬残留基準値を超過することはありませんが、残念ながら、基準値超過事例が毎年発生しています。その原因は、人為的なミスがほとんどであり、起こり得るリスクをよく理解していれば防げるものばかりです。前回までに、登録外使用と散布器具の洗浄不足、ドリフトを紹介しましたので、今回は、散布回数超過について紹介します。

ところで、農薬の散布回数と収穫前使用日数がどのようにして決められているかご存じですか?

どちらの基準とも、作物残留試験結果とADI(一日摂取許容量)から適切な基準を割り出します。作物残留試験とは、登録を取ろうとする作物に実際に散布した時、散布後何日でどのくらいの濃度になっているか? など、作物体内の農薬濃度がどのように減っていくかを調べるものです。ADIは、その名のとおり、その農薬を毎日一生涯食べ続けても何ら影響が出ない量のことで、幾多の動物実験結果に100倍程度の安全係数をかけて、作物ごとに決められます。安全係数とは、動物実験による結果を人間に当てはめるために、動物実験ででてきた無毒性の量をさらに100分の1にして、より安全性を高めるためのものです。

一般に農薬は、散布回数が多いほど、また散布から日が経っていないほど作物への残留量は多くなります。このことを考慮して、ある作物が収穫される時、使用した農薬の残留量がADIを超えないように作物残留試験結果と見比べて使用回数や収穫前使用日数を決めています。

では、使用回数の間違いはどのようにして起こるのでしょうか?

一番多いのが有効成分による回数超過です。実は農薬の製品名は、有効成分とは異なることがほとんどで、製品名から有効成分がわかることは少なく、また、同じ成分が違う商品名で売られていることも意外と多いのです。ところが、散布回数は製品の使用回数と有効成分の使用回数が定められており、法律上、有効成分の使用回数を超えて使うことはできません。例えば、ある成分Xの成分使用回数が2回で、同じ成分Xを含むA農薬とB農薬があった場合、A農薬を1回、B農薬を1回であれば成分Xの使用回数は合計2回ですので正しい使用になります。しかし、もしA農薬を2回使用した後にB農薬を1回使用した場合は、成分Xの使用回数が合計3回となり、農薬取締法違反(使用回数超過)になってしまいます。

このため、農薬の使用回数は必ず有効成分でカウントするように心がけて下さい。

最近は、省力化や性能の向上、耐性・抵抗性の発達回避のために、異なる有効成分を混合した農薬が増えているので、注意が必要です。次回は、収穫前使用日数です。

このシリーズの一覧は以下のリンクをご覧ください

いまさら聞けない営農情報
imasara-midashi.jpg

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る