Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:今さら聞けない営農情報

コンプライアンス10 肥料取締法その2【いまさら聞けない営農情報】第68回2020年9月11日

一覧へ

前回、肥料取締法の成り立ちと、肥料には「普通肥料」とそれ以外の「特殊肥料」があることを紹介しました。

普通肥料には、基本的に「公定規格」が定められ、(1)含有すべき肥料成分の最小量、(2)有害成分の含有許容値、(3)その他の制限事項(植物に害のないことを証明することなど)が、肥料の種類ごとに定められています。肥料は、作物の栄養源であることから、肥料成分ごとの施用量を適正にしてやる必要があります。例えば、10aの畑に窒素成分を6kg施用したいとします。この時、窒素成分を20kg袋に10%含む窒素質肥料を使って施用する場合、この窒素質肥料20kgに含まれる窒素の量は20kg×10%=2kgですので、窒素成分を6kg施用するにはこの窒素質肥料(20kg)を6kg÷2kg=3袋施用する必要があります。この時もし、窒素質肥料に本当に10%の窒素成分が含まれていない(いわゆる不良品)の場合は、同じ3袋施用しても目的の窒素量6kgを施用できないことになります。

このようなことを起こさないようにするために、公定規格が定められています。また、この公定規格に適合している証として、保証票が添付されています。

もし保証票に記載されている成分量が下回っている場合は、肥料取締法違反となり、肥料として流通させることができません。逆に、成分量が保証票を上回っている場合は、肥料取締法違反とはなりませんが、予定以上の成分を過剰に施用することになり、成分によっては過剰症を誘発しかねないことになります。ですので、適正施肥のためには保証票どおりに成分が入っていることが前提となりますが、肥料取締法のおかげでそれが実現しているのです。

普通肥料の種類と主なものは下表のとおりですが、実際にはもっと多くの種類があり、それぞれに公定規格が定められています。これらの公定規格は紙面の関係上全てを示すことができませんので、独立行政法人農林水産消費安全技術センター(通称:FAMIC(ファミック))のホームページをご覧下さい。

【FAMIC】

普通肥料の主な種類と登録有効期間

このシリーズの一覧は以下のリンクをご覧ください

いまさら聞けない営農情報
imasara-midashi.jpg

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る