Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カンタスドライフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

「人」の紹介で親しみを【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2021年4月3日

一覧へ

広報誌のだいご味は「人」の登場にあるといっても過言ではない。身近な人が広報誌に載ると、親しみが一層深まる。とりわけJAの広報誌にはその役割がある。多様な組合員がおり、素材は豊富にある。毎号定番にしているJAも多い。新年度、4月号から主なJAの広報誌の「人」の紹介記事を拾う。

新生JAへ意識づけ JA新みやぎ「わ・わ・わ」新生JAへ意識づけ
JA新みやぎ「わ・わ・わ」

JA新みやぎは2019年7月宮城県北部地域の5JAが合併したJA。「新みやぎをつくるひと」のタイトル。「様々な分野で大活躍、新みやぎを作っているファーマーたちを紹介します」とうたっており、新生JAに対する組合員の意思をまとめたいという編集者の意図がうかがえる。 
五つの地区を順番に回す。4月号はみどりの湧谷地区で繁殖牛を経営し、19年の宮城県総合畜産共進会で名誉賞を受賞したこともある29歳の後継者だ。文字数も写真の配置もよく読みやすい。経営外の人のコメントがあってもよかったかも。

人物写真は右向きに JA尾張中央「ふれあい」(愛知県)人物写真は右向きに
JA尾張中央「ふれあい」(愛知県)

夫の定年退職をきっかけに8年前、夫婦で就農した女性が登場。10㌃の畑でトウモロコシやナスを中心に栽培している。取材で「農業は私たち夫婦の人生の一部」という発言を引き出し、見出しに立てている。できれば夫婦で登場してほしかった。
見開きで写真を目いっぱい使った紙面構成が目を引く。人物の紹介では、これくらいの大きさの写真にしたい。ただ見開きのページをみるとき、読者の目は最初に左の面に行くもの。人物を左面にもってきたのは正解だが、人物の左(外)向きが気になる。この場合、もう少し右(内)向きにすると紙面がまとまる。

思いがタイトルに JA紀南「Kinan」(和歌山県)思いがタイトルに
JA紀南「Kinan」(和歌山県)

毎号2、3面の定番で、84回目となるシリーズもの。「農を耕し、地域を起こす」のサブタイトルに編集者の思いが伝わる。「農人」を「あぐりびと」と読ますのも工夫がみられる。
今回の登場人物は、梅、ミカン、野菜から、昨年、イチゴの高設栽培中心に経営転換した田辺市の農家で、炭酸ガスの株元施用や液肥の自動投入システムなどの技術を導入している。  
農家のイチゴ栽培に賭ける思いや、受粉バチの使い方など技術上のポイントなどについて、よく聞き込んでいる。取材者の署名入りだが、特にJAの場合、地元に馴染むためには取り入れる価値があるかもしれない。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る