2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

和牛全共を盛り上げ【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2022年9月23日

一覧へ

"和牛のオリンピック"と言われる第12回全国和牛能力共進会(和牛全共)が10月6~10日、鹿児島県で開かれる。和牛の生産者や関係者にとって5年ごとの一大イベントで、和牛産地のJAの広報誌の多くが、県の選考会や出品牛(出場者)の紹介に紙面を割き、その熱意が伝わるとともに全共の盛り上げに一役買っている。

秋田おばこ人牛一体、チームで挑戦
JA秋田おばこ「Obako」(秋田県)

管内から4人が秋田県の代表として、第6区の「総合評価群・種牛群」へ出場する。そのうちの一人を、農業者をクローズアップする広報誌の企画「一笑懸命」の人物紹介とともに紹介。この中で、代表に選ばれるまでの苦労を詳細に紹介し、「自分が出場することで管内の畜産業が盛り上がるきっかけになれば」との決意を紹介している。

第6区は種雄牛の複数の産子を審査するもので、産地としての総合力・チーム力が問われ、「花の区」と呼ばれていることなど、和牛全共のことが、人物紹介を通して分かるように工夫した。

JAひだがんばれ!飛騨牛
JAひだ「飛騨」(岐阜県)

和牛のトップクラスのブランド「飛騨牛」の産地だけに力が入っている。「鹿児島全共まであと1か月!開幕直前特集」と銘用打ち、見出しは「頑張れ!飛騨牛」。8月30日に開催された最終選考会の様子と、第6区の「総合評価群・肉牛群」、第7区「脂肪の質評価群」、第8区「去勢肥育牛」代表牛7頭の生産者と牛を紹介している。

岐阜県の代表牛は全頭が飛騨地域からの出品で、過去5回の巡回によって調査した候補牛から選んだ。あえて紙面に注文をつけると、写真の大きさにメリハリをつけることと代表牛出品者の喜びの声があったらよい。

ヒント&ピント9月20日付_ながさき西海.jpg出場者が勢ぞろい
JAながさき西海「きゃもん」(長崎県)

離島の五島牛、壱岐牛などのブランドで知られる長崎県は和牛の飼育が盛ん。「きゃもん」は、ことし7月に開かれた県代表牛選考会の様子を詳しく説明している。県内各地から58頭が出品。JAながさき管内である県北地域からは11頭(7名)が県代表に選ばれた。紙面では代表牛を紹介するともに、出場者全員が並ぶ。

「和牛新時代 地域が輝く和牛力」という今回の全共のテーマや大会の目的・内容を説明。また前回の宮城全共の写真を使い、雰囲気を伝える。10月号で県北の代表者を特集すると予告し、次号に期待を持たせている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る