人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAの活動:ほっとピックアップ【JAの広報誌から】

女性部と青年部がコラボ出前授業開催 JA秋田しんせい【ほっとピックアップ・JAの広報誌から】2023年9月19日

一覧へ

このコーナーでは、農協協会(農業協同組合新聞)に送っていただいている全国のJAの広報誌の中から、「”ほっと”する」「”ほっと”な」記事を拾って紹介します。

ドローンに触れる生徒たちドローンに触れる生徒たち

秋田県のJA秋田しんせいは、7月18日、農業への理解を深め、食の大切さを伝える活動の一環で、管内の由利小学校に出前授業を行った。

1限目は、女性部由利支部の正木みえこ部長が、地域の農業や自然の役割、食料の課題などを取り上げ、生徒は自分たちが取り組めることを考えた。

2限目は、青年部の真坂和都部長が、地域で受け継がれる伝統行事や農業機械の紹介を中心に進めた。活用の場が広がってきた農業用ドローンは、クイズ形式で紹介したり、持ち上げて重さを実感するなど、体験・参加型の授業になった。

授業を終えた生徒たちからは「農業は人の命につながるので大切だと思った」、「フードロスを減らすよう『必要な分だけ買う、つくる』を心掛けたい」など、さまざまな感想が寄せられた。農作業従事者に対しては「おいしいお米や野菜をありがとうございます」と、感謝の声が上がった。

(JA秋田しんせい「ウインズ」)

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る