左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【クローズアップ・都市農業】関心高い商品開発 川崎市の農商工連携事業2020年3月27日

一覧へ

 川崎市都市農業振興センターは、この事業の利用者を対象に、令和元年にアンケートを行っている。連携で取り組んだのは農産物を活用した商品開発が最も多く、次いで直売やイベント、観光などの共同開催が9割近くを占めた。

関心が高い商品開発 円グラフ
 農商工連携推進事業を実施してよかったことについて、農業者は「販路の拡大や安定化につながった」「自分だけでは考えつかないアイデアや魅力を知ることができた」「新しい取り組みにチャレンジできた」「マルシェなど、地域に貢献できた」と回答。農業者以外の実施者は「農業への理解が深まった」と答えている。

 さらに飲食店との連携では、現在実施していて現状維持という人を除いて、「さらに拡大したい」「興味はあるが提携先が分からない」「興味はあるがネックがあり難しい」と4割以上が前向きの意思を示している。

 このほか、農業に関して「地産地消に興味ある店を知りたい」(農業者)、「農産物のエコ包装や消費者にエコ推進活動の協力を促す取り組み」(飲食店)、「果実やのらぼう菜の加工食品開発」(市民団体)など、都市農業者の関心の方向がうかがえる。

(関連記事)
【クローズアップ・都市農業】商工連携で「産業化」-川崎市

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る