左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

決勝進出12校を決定 ご当地メニューコンテスト2013年9月24日

一覧へ

 高校生が地元食材や食文化にちなんだご当地メニューをつくり、その日本一を決める「ご当地!絶品うまいもん甲子園」(主催:農水省など)。9月18日、決勝戦進出の12校と、そのメニューを発表した。

2013-09-24 このイベントは昨年に続き2回目の開催。高校生に商品開発、製造、宣伝、販売といったビジネスの流れや地元の農林水産業について学んでもらい、また、各地の特産品をPRすることで地域活性化を図ろうというもの。
 高校生3人1組がチームを組み、地元食材を生かしたオリジナルレシピメニューを競う。今年のテーマは「若者が食べたくなる絶品グルメ!」で、レシピは販売価格1人前600円以内、食材価格を販売価格の2分の1以下にするなどの条件が課せられている。
 8月に全国7会場で開催された予選の結果、決勝進出の12校が決定。決勝は11月1日、東京・銀座のスタジオ プラスジー ギンザで開催され、翌2、3日には、東京・丸の内の「ジャパンフードフェスタ2013」内で決勝進出レシピで作られた料理製品の販売を行う。

 決勝進出校とメニューは次の通り。

▽北海道厚岸翔洋高校「カキぽん酢のペペロンチーノ」
▽青森県立柏木農業高校「めじゃーイガメンチ棒」
▽宮城県農業高校「伊達なハイカラぎょーざ」
▽群馬県立勢多農林高校「ころころ茶漬け」
▽栃木県立宇都宮白楊高校「アスパラにょきっと! ぎょうざブレッド」
▽静岡県立焼津水産高校「マグコロカレーパン」
▽愛知県立安城農林高校「日本デンマーク寿司」
▽奈良県立磯城野高校「ほん奈良! カレー」
▽島根県立隠岐水産高校「闘牛ブリバーガー」
▽愛媛県立宇和島水産高校「マハタぷるるん丼」
▽熊本県立鹿本農業高校「クマロコ」
▽沖縄県立中部農林高校「ムルうまジャージャー麺」

 各メニューの画像や大会の詳細などは、イベントの公式ホームページで。


(関連記事)

12月まで全国各地で「食と食文化の祭典」 東京でキックオフ(2012.11.05)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る