農政 ニュース詳細

2013.10.25 
耕地面積453万7000ha、0.3%減 農水省一覧へ

 農林水産省は10月22日、今年7月15日現在の全国の耕地面を公表した。田畑計で453万7000ha。前年にくらべて1万2000ha減少した。対前年の減少率は0.3%となった。

 田は246万5000haで前年にくらべて4000ha(0.2%)減少した。 東日本大震災被害からの復旧などで4290ha増えたが、 一方で宅地等への転用、荒廃、田畑転換などで減少面積が8140haとなった。
 畑は207万2000haで前年にくらべて8000ha(0.4%)減少した。開墾や田畑転換で3880ha増加したが、荒廃、宅地等への転用で1万2700ha減少した。
 田畑別の面積割合は、田54.3%、畑45.7%となっている。

高知種類別面積割合

(関連記事)

農用地区域内の農地面積0.3万ha減  農水省(2012.12.20)

原発事故の影響で23年の耕地利用率下がる 農水省統計(2012.11.26)

耕地面積454万9000ha、前年比0.3%減 7月15日現在(2012.10.31)

耕地面積3万2000ha減少 23年7月15日現在(2011.12.14)

耕地面積の減少続く 落ち込み幅は鈍化  農水省統計(2010.11.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ