農政 ニュース詳細

2014.03.20 
震災復興支援で技術者派遣 農林水産省一覧へ

 農林水産省は東日本大震災被災自治体の26年度の復旧・復興を支援するため都道府県と連携して技術者などを4月から派遣する。

 派遣人数は農林水産省職員と都道府県職員を合わせて全体で2118人月(月あたりの延べ人数)。年間の月派遣平均人数は177人になる。内訳は岩手県=438人月(月平均37人)、宮城県=936人月(同78人)、福島県=744人月(同62人)。
 農地・農業用施設などの復旧・復興工事に関わる設計・積算、工事監督、用地補償、換地などに関する業務や、治山・林道建設、漁港施設の復旧・復興業務などが行う。

(関連記事)

震災復興は最優先 JAグループ支援息長く(2014.03.18)

これからも共に生きる 生協が復興支援記録集(2014.03.10)

被災経営体5割超で再開 震災から3年(2014.03.07)

9割が「復興支援を最優先に」 JA全中が東日本大震災で意識調査(2014.02.19)

仙台で3回目の復興商談会 JAバンクなど(2014.02.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ