農政 ニュース詳細

2014.03.07 
被災経営体5割超で再開 震災から3年一覧へ

 農林水産省は震災から3年目を迎える被災地の農業復旧状況を3月5日発表した。調査は2月1日現在。

 津波で被災した農地は6県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉)で2万1480ha。このうち26年度までに営農再開が可能見込みの面積は70%にあたる1万5060ha。宮城では84%が復旧見込みだが、原発事故の影響で立入りができない地区のある福島は30%にとどまっている。津波被害にあった農業経営体の営農再開割合は岩手県で54%(480経営体中260)、宮城県で65%(6060中3910)、福島県では24%(2840中670)となっている。営農再開できない理由は岩手、宮城では「耕地や施設が使用できない」、福島では「原発事故の影響」がそれぞれ最多。


(関連記事)

農業所得、平均約6割に戻る 津波被災地(2013.07.30)

【座談会】協同の力で農業再建へ 被災地3県の取り組み(2013.07.25)

JC総研、震災復興と協同組合の役割で公開研究会(2013.07.11)

地震・津波も補償 共栄火災「JA安心倶楽部」(2013.06.11)

営農再開農地6割見込む 農水省の震災対応(2013.03.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ