左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農協改革 萬歳・全中会長が談話2015年2月12日

一覧へ

 自民党農林関係合同会議が2月9日、農協改革法制度等の骨格をとりまとめたことについて、JA全中の萬歳章会長は2月10日談話を発表した。

【談話全文】

 今般、与党において農協改革法制度等の骨格がとりまとめられることとなりました。

 JAグループは、昨年8月以降、組織の諮問機関である総合審議会や、有識者会議等で検討を重ね、11月にJAグループの自己改革をとりまとめました。

 この間、我々は、JAグループの自己改革の実現を後押しするものとなるよう、農協改革の具体化について、与党・政府等に対して働きかけを行ってきました。

 1月の下旬から開始された与党の関係会合等では、多くの国会議員の先生方から、現場の思いを汲んだ発言をいただきました。

 今般の農協改革の議論において、JAグループはこれまで経験したことのない組織の大転換を提起され、現場からは多くの不安の声が出されましたが、与党・政府とも協議を行い、組織内の議論を積み重ね、今回、大きな一歩を踏み出す重い決断をすることといたしました。

 今回の我々の決断が、真に「農業所得の向上、地域め活性化」に結びつくよう、JAグループの自己改革に組織の総力をあげて取り組む所存であります。

平成27年2月10日
全国農業協同組合中央会
会長 萬歳章

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る