農政 ニュース詳細

2015.11.02 
再生困難農地9000ha増える-26年の荒廃農地一覧へ

 農林水産省は10月30日、平成26年の荒廃農地面積の取りまとめ結果を公表した。

 調査は26年1月から12月までの間に実施した。
 荒廃農地は全国で約27万6000haとなった。前年より3000ha増加した。
 このうち再生利用可能な荒廃農地は前年より6000ha減り13万2000haとなった。このうち農用地区域では7万5000haで、同3000ha減った。
 一方、再生利用が困難と見込まれる荒廃農地は同9000ha増加し14万4000haとなった。このうち農用地区域では5万4000haで同3000ha増えた。
 この1年で再生利用された面積は1万ha。このうち農用地区域は7000haを占める。
【荒廃農地】
 現に耕作に供されておらず耕作の放棄により荒廃し、通常の農作業では作物の栽培が客観的に不可能となっている農地。
【再生利用が可能な荒廃農地】
 抜根、整地、区画整理、客土等により再生することにより、通常の農作業による耕作が可能となると見込まれる荒廃農地。

【再生利用が困難と見込まれる荒廃農地】
 森林の様相を呈しているなど農地に復元するための物理的な条件整備が著しく困難なもの、または周囲の状況から見て、その土地を農地として復元しても継続して利用することができないと見込まれるものに相当する荒廃農地。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ