Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「産学官連携協議会(準備会)」会員募集 農水省2015年11月16日

一覧へ

農林水産・食品分野に新たな技術

 農林水産省は、「知」の集積と活用の場づくりを推進するため、「産学官連携協議会(準備会)」の会員を募集している。また、12月10日、TKP東京駅八重洲カンファレンスセンターで同協議会(準備会)の設立会議を開く。

 農水省は、農林水産・食品分野に異分野の知識や技術を導入し革新的な技術シーズを生み出し、事業化・商品化を行い、国産農林水産物のバリューチェーンの構築に結びつける新たな産学連携研究の仕組み(「知」の集積と活用の場)づくりを行うこととしている。このために、今年「『知』の集積と活用の場の構築に向けた検討会」を6回行い、コンセプトなどの中間とりまとめを9月に公表していた。
 中間取りまとめでは、(1)産学官連携協議会、(2)研究開発プラットフォーム、(3)研究開発プロジェクト(コンソーシアム)の3層構造で構築することとし、このほど、産学官連携協議会(準備会)の会員募集を行い、設立会議を開くこととなった。
【会員募集 概要】
◎募集対象:趣旨に賛同し、基本的な考え方を共有する者
◎活動内容
・「知」の集積と活用の場に関する情報の会員への提供
・異分野・異業種との交流・人的ネットワーク化及び研究開発プラットフォームの形成に向けたセミナー・ワークショップの開催
・平成28年度以降の活動内容及び運営方法等の検討等
・詳細は、「『知』の集積と活用の場 産学官連携協議会-準備会へのお誘い-」を確認すること。
【設立会議 概要】

◎日時:12月10日 15時00分~17時00分 
◎場所:農林水産省本館7階講堂
◎議題:「知」の集積と活用の場産学官連携協議会(準備会)の今後の活動等について
◎参加人数:300人。定員に達し次第、受付終了。

 入会方法、及び設立会議参加申込みに関しての詳細は、ホームページで確認できる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る