JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
バイエルクロップサイエンス:PC
JA全中中央SP

法人経営体10%増加-28年農業構造動態調査2016年6月30日

一覧へ

 農林水産省は6月28日、2月1日現在の農業構造動態調査結果を発表した。法人組織経営体が増加し、1経営体あたりの経営耕地面積も拡大している。

 農業経営体数は131万8400経営体で前年にくらべて4.3%減少した。家族経営体は4.5%減少したが、組織経営体は3.0%増加し3万4000経営体となった。
 このうち法人組織経営体は2万800経営体で前年にくらべ10.1%増加した。集落営農の法人化や企業の農業参入などで法人組織経営体が増えたとみられる。全国の農業地域別にみると九州が4300経営体でもっとも多く、次いで関東・東山が4000経営体となっている。
 農業経営体の1経営体あたりの経営耕地面積は全国で2.7haとなった。全国の農業地域別にみるとすべての地域で増加し、前年にくらべ7.9%拡大した。北海道は2.3%拡大し27.1ha、都府県は9.3%拡大し2.0haとなった。 経営耕地面積規模別に農業経営体数をみると「10~20ha」層で対前年比2.4%、「20~30ha」層で同6.8%、「30ha以上層」で同5.8%と増加している。一方、10ha以下の階層はいずれも経営体数は減少した。
 農産物販売金額規模別に農業経営体数をみると、50万円以上のすべての階層で増加した。とくに1億円以上の農業経営体数は12.3%増加した。
 農業経営体のうち単一経営(主位部門の農産物販売金額が8割以上)が79.8%を占める。前年にくらべて0.3ポイント上昇した。
 単一経営の内訳は「稲作」49.8%、「露地野菜」6.3%、「施設野菜」3.8%、「果樹類」10.0%。前年にくらべて稲作は0.5ポイント低下し、施設野菜は0.4ポイント上昇した。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る