農政 ニュース詳細

2016.10.05 
SBS輸入米 国産米価格押し下げを否定-農水省一覧へ

 農林水産省は10月4日に自民党が開いたTPP総合対策実行本部会合で国産米の価格とSBS落札数量の関係について、SBS米の輸入が国産米の価格を押し下げている状況にはないと説明した。

 SBS(Simultaneous Buy and Sell、売買同時契約)輸入米の仕組みは、(1)輸入業者と国内の実需者がペアで国の入札に参加、(2)国の売渡価格と買入価格の差(マークアップ)が大きい札から落札、(3)国と輸入業者・実需者(落札ペア)の3者間で特別売買契約を締結、(4)国が輸入業者からの買入れと実需者への売渡しを同時に実施する、となっている。
 ミニマム・アクセス(MA)輸入米はWTO協定で現在約77万tとなっているが、このうち10万実tをSBS輸入枠としており、おもに主食用に販売している。
 農水省はこの日の会合に国産米価格とSBS落札数量の関係を示した。
 平成21年度の国産米価格(精米換算、相対取引)は1kg251円でSBS枠は10万t落札した。しかし、22年度は国産価格が同220円に下落し、SBS枠の落札数量は2.2万tとなった。
 その後、国産米価格が上昇した23、24年はSBSの10万t枠は埋まったが国産米価格がkg286円から同246円に下落した25年度は6.1万t、同201円に下落した26年度は1.2万tで27年度は2.9万tと枠が埋まっていない状況となっている。
 農水省は国産米価格が高いときはSBSの輸入量が多く、国産米価格が安いとSBSの輸入量は少なく、業界は国産米で手当てしている状況にあることなど説明した。そのうえで「SBS米の輸入が国産米の価格を押し下げている状況にはなっていない」と説明した。
 しかし、農水省の説明に生産現場は納得するだろうか。国産米の価格が安いときも、少ないとはいえ主食用として輸入され、供給過剰になっている。SBS輸入米が市場に出なければ国産米価格はもっと高水準になったのではないか。
 自民党の会合では出席議員から質問や異論は一切出なかった。

(関連記事)
【コラム・正義派の農政論】SBS米のあきれた説明 (16.10.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ