農政 ニュース詳細

2016.10.20 
農林水産祭天皇杯を決定-11月23日に表彰一覧へ

 農林水産祭中央審査委員会(千賀祐太郎会長)が10月19日に開催され、28年度(第55回)農林水産祭の天皇杯の受賞者を決定した。表彰は勤労感謝の日の11月23日に明治神宮会館で開催する農林水産祭式典で行われる。

 受賞者は過去1年間の農林水産祭参加表彰行事で農林水産大臣賞を受賞した509点から決定した。
【天皇杯】
(農産部門)
愛知県弥富市・有限会社鍋八農産(代表:八木輝治)=経営は水稲・小麦・大豆。作業管理解決のためICT管理ツール「豊作計画」をトヨタ自動車と共同で開発。1日の作業計画をクラウドサービスで従業員に割り振る。加工品製造直売所では餅、赤飯、米粉ピザなど多彩な商品販売で経営多角化も図っている。

(園芸部門)
長崎県佐世保市・ながさき西海農協させぼ地区かんきつ部会(代表:古川公彦)=部会員284名。うんしゅうみかんの販売額27億円。糖度基準による「味っ子」など高糖度みかんをブランド化。園地ごとに登録を行い、統一した栽培管理で果実分析の審査に合格した園地のみかんだけをブランドとして出荷できる「園地登録園制度」を構築した。

(畜産部門)
沖縄県石垣市・農業生産法人有限会社伊盛牧場(代表:伊盛米俊)=台風襲来が多い島では畜産が適すると考え和牛一頭から経営を始めた。生乳不足から酪農に転換。牛舎は日射や通風に配慮し送風機や噴霧装置などで暑熱対策。牧草地にローズグラスを栽培し年6回の刈り取り。多彩なジェラートを商品化。女性従業員12名を雇用。地域社会と結びついた経営を実現。

(養蚕・地域特産部門)
熊本県八代郡氷川町・早川猛・早川克美=いぐさ栽培・畳表加工と水稲(もち米)栽培。高品質のいぐさを生産するため水稲を輪作体系に組み込み連作障害を予防している。畳表を原草選別に用いる色彩選別機をいち早く導入。「ロール型傷防止板」を考案、実用化し、乾燥機の反射板を共同開発するなど機械の積極的利用と改良を進めた。

(林産部門)
鳥取県八頭郡八頭町・八頭中央森林組合(代表:前田幸己)=集約化による効率的な事業を展開。集落座談会を年間130回以上重ねて集約化の必要性を訴えてきた。その結果、森林経営計画は27年度末に累計118団地、約1.1万haに上り、そのすべての面積を経営受託している。
 I・Uターンを含めた職員の採用を進め平成19年に29名だった職員数は27年に73名に。成果主義取り入れ職員を育成している。

(水産部門)
宮城県気仙沼市・唐桑町浅海漁業協議会青年部(代表:小野寺芳浩)=「総合的な学習の時間」を活用してカキ養殖に関する学習を支援。唐桑のカキ養殖のサイクルである3年に合わせて4~6年生の3学年にわたる学習期間を設定。漁場の一部を活用した小学校専用のいかだを設置。生産現場から販売までを体験しカキ養殖業を生業として学ぶ。

(むらづくり部門)
愛媛県西予市・地域協同組合無茶々園(代表・宇都宮俊文)=柑橘の有機栽培からスタート。農事組合法人へ移行し、販売を担う株式会社、大規模有機農業を実践し直営農場を運営する有限会社ファーマーズユニオン北条を設立。福祉事業に参入するため「株式会社百笑一輝」を設置。これら4法人をまとめる任意組織「地域協同組合無茶々園」が事務局機能を持つ。介護や配食サービス、生きがい農業支援など農業生産と生活支援、環境保全など条件不利地域のむらづくりのモデルとして期待されている。
 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ