農政 ニュース詳細

2016.12.16 
個別経営の農業所得28%増加-農水省統計一覧へ

 農林水産省が12月6日に公表した個別の農業経営体の経営統計によると、27年の1経営体の農業所得は前年にくらべて28.8%増加した。

 農業経営体(個別経営)の全国の1経営体あたりの農業粗収益は544万円。畜産、野菜、稲作収入が増えたことから前年にくらべて8.6%増加した。
 一方、農業経営費は391万円。光熱動力費は減少したものの、飼料費、農機具費等が増加したことから前年にくらべて2.4%増加した。
 その結果、農業粗収益から農業経営費を差し引いた農業所得は153万円となり、前年より28.8%増加した。
 農外所得は147万円で前年にくらべて1.2%増加し年金等の収入は195万円で1.9%増加した。
 農業所得に農業生産関連事業所得、農外所得と年金等の収入を加えた総所得は496万円で8.7%増加した。
 個別経営の経営主の年齢は平均67.3歳となった。
 主副業別に農業所得をみると、主業経営体では558.3万円(前年比11.9%増)、凖主業経営体では57.9万円(同90%増)、副業的経営体では46.9万円(同48%増)となっている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ