Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

労務管理と人材育成で関東農政局がセミナー2018年2月13日

一覧へ

・大規模施設園芸の普及へ

 関東農政局では、3月2日、さいたま市において次世代施設園芸(大規模施設園芸)の普及と加工・業務用野菜の生産などの取り組みを促進するためのセミナーを開催する。

 セミナーの正式名称は「野菜振興セミナー」。
テーマは、大規模法人経営への移行による雇用者の増加に対応した労務管理や作業リーダーなどの人材育成および新規品目の導入や規模拡大に伴う新たな販路確保の。
 同局では管内都県および市町村の行政・試験研究機関・技術普及などの担当者、生産者、流通業者および実需者などからの参加を広く募っている。募集定員は100名程度で、参加無料。開催日時や場所などの概要は次の通り。
【開催概要】
・日時:3月2日午後1時から
・場所:さいたま新都心合同庁舎2号館、関東農政局防災対策室(埼玉県さいたま市中央区新都心2-1)
○セミナー内容:
(1)関東農政局管内の野菜をめぐる情勢について:農水省関東農政局園芸特産課
(2)サラダボウルの挑戦~農業にイノベーションを~大規模法人化に伴う労務管理と人材育成について:田中進・(株)サラダボウル代表取締役(3)これからの消費者ニーズに応える富士食品工業の考え方:仮題=金沢充・富士食品工業(株)農産部産地開発課課長(4)販路確保に向けた産地と実需者とのマッチングについて:小林茂典・農水省農林水産政策研究所上席主任研究官(5)その他、意見交換
○参加申込方法:インターネットもしくはFAXで。
 ・インターネット:野菜振興セミナー参加申込(平成30年3月2日開催)
 ・FAX:048-601-1431。野菜振興セミナー参加申込書(平成30年3月2日開催)から参加申込書を入手の上、申し込むこと。
○申込締切:2月23日、午後5時必着。
○問い合わせ先:関東農政局生産部園芸特産課まで。
○TEL:048-740-0441

 

(関連記事)
農業労働不足解消で提言―農業労働力支援協議会(17.12.31)
【第3回JA営農・経済フォーラム】西日本地区・実践事例報告(17.10.02)
共済の安定は〝農業支援〟「総合サービス」のJAへ【荒 美代子・JAふくしま未来常務理事】(17.09.16)
【特集・JAトップ層鼎談】組合員とともに地域に根ざす(17.08.01)
新全中を支え将来像を JAの体質改善・人材育成へ【前JAしまね組合長 萬代宣雄氏】(17.07.14)
農家支援スキル向上へ JA全中 経営改善の人材育成(17.06.02)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る