Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

輸出相手国対応防除マニュアル作成2018年3月7日

一覧へ

・カンキツ、ナシ、リンゴの残留農薬基準値に対応

 農林水産省は、3月6日、農産物の海外への輸出促進を図るため、カンキツ、ナシ、リンゴ(有袋栽培・無袋栽培)の輸出相手国の残留農薬基準値に対応した「病害虫防除マニュアル」を作成、その内容を公表した。

わが国の通常の防除体系で使用される農薬の中には、輸出相手国では輸出しようとする作物が生産されておらず、結果的にその農薬登録が行われておらず、残留農薬基準値が、わが国の基準値に比べてきわめて低いものが多く、そのために輸出向け農産物に使用できる農薬が限定されている状況にある。
 このため、同省では、平成26年度より、農産物の輸出重点品目に関し、農薬を代替し、または使用を低減する新たな防除体系の確立を目的とした「農産物輸出促進のための新たな防除体系の確立・導入事業」を実施している。
 今回のマニュアルは、そうした状況を踏まえて作成されたもので、産地の協力を得ながら、カンキツ、ナシ、リンゴを対象に、
(1)輸出相手国の残留農薬基準値
(2)国内で使われている農薬の残留実態
(3)輸出相手国の基準値を超える残留が認められる化学合成農薬の代替防除技術
などを整理した。

 詳細は、輸出相手国の残留農薬基準値に対応した病害虫防除マニュアル

 〇問い合わせ先:同省植物防疫課
 〇TEL:03-3502-3382。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る