Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国初 全日制の市立農業学校が開校2019年4月16日

一覧へ

 有機農業の栽培技術や農業経営を1年間で学ぶ「丹波市立農の学校」(同市市島町上田)が、開校。8日に入学式が行われ、全国から集まった1期生15人が新たな一歩を踏み出した。

丹波氏立農の学校 開校式

 農の学校は、全国初の全日制で市立の農業学校。有機農業を柱とした経営が成り立つよう、農業栽培技術・農業経営・農村文化を座学と実習で学ぶ。また、実践に農業ICTデータを活用しながら地域に受け継がれてきた農業の継承もめざす。研修期間は1年で週に5日通学する。
 運営は、農業教育事業を手掛ける「マイファーム」(京都市)。同社代表取締役で学校長の西辻一真さんは、「学生の皆さんひとり一人が活躍し、卒業後も農業を続けられるような仕組みを作ることができれば日本が抱える地域社会問題のひとつのインパクトある解決策になることは間違いありません」と述べた。
 また、新入生は、「農業に必要な知識や技術、また、農業に対する姿勢を身につけたい」「農業は魅力があって、人間の根本を支えるような力強さがあるので、有機農業を発信していきたい」と抱負を話している。
 丹波大納言小豆、丹波黒大豆といった特産物がある兵庫県丹波市は、1975年から有機農農業に取り組み、栽培技術など多くのノウハウがある。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る