農政 ニュース詳細

2019.09.10 
輸入小麦 売渡価格8.7%下げ-農水省一覧へ

 農林水産省は9月10日、10月からの輸入小麦の政府売渡価格を前期(4月~9月まで)に比べ8.7%引き下げることを決めた。

 シカゴの小麦相場は、5月中旬以降、米国産地での降雨で品質悪化が懸念され、一時は上昇したが、7月中旬以降は米国の収穫増の見込みや、世界的に供給量が潤沢であることなどから軟調に推移した。このため4月期の売渡価格算定期間の平均5.1ドル/ブッシェルに比べて、4.8ドル/同と下落した。海上運賃も米国での船舶需給の緩和など前期の47ドル/トンに比べて、45ドル/同で推移している。為替も平均110円/ドルと円高で推移した。

 こうしたことから10月期の政府売渡価格は4万9890円/トンとなり、8.7%の引き下げとなった。平成29年4月期は5万690円と5万円台に上昇して値上げが続き、その後、今年4月期に▲1.7%の5万4630円となった。今回は8.7%と大幅な引き下げとなった。

 農林水産省によると、今回の政府売渡価格の改定が消費者物価に与える影響は▲0.007%程度だという。一斤174円の食パンでは▲1.1円と試算している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ