左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産食品のプレミアム感薄まる 高齢者は健康志向、若者は経済性志向2019年10月3日

一覧へ

 日本政策金融公庫は9月30日、「令和元年7月消費者動向調査」の結果を発表した。全国の20代から70代の男女2000人(男女各1000人)を対象に、インターネットによるアンケート調査を7月に行った。

 現在の食の志向は、2半期連続で伸長していた「健康志向」が43.8%と前回比2.8ポイント減となり、「経済性志向」が同1.2ポイント増の38.1%、「簡便化志向」が2.2ポイント増の33.4%と続伸。「国産志向」は、1.3ポイント減の14.3%で4半期連続で低下した。
 年代別にみると「健康志向」「安全志向」「国産志向」は年代が高くなるほど多くなる一方、「経済性志向」「簡便化志向」「美食志向」は年代が低くなるほど多くなる傾向がみられる。

◆外食時に国産食品であることを 「気にかける」 は低下傾向

「食料品を購入するときに国産品かどうかを気にかけるか」を聞いたところ、「気にかける」は前回比0.9ポイント増の73.2%で直近3半期は横ばいで推移した。また、「外食するときに国産品かどうかを気にかけるか」を聞いたところ、「気にかける」と答えたのは30.0%で同2.5ポイント減。平成28年7月の調査開始以降、国産品であるかを気にかける割合は低下傾向にある。

◆輸入食品は安全のマイナスイメージ薄れる

 国産食品と輸入食品に対するイメージを調査したところ、国産食品については「価格が高い」が64.5%で前回比0.1ポイント減。平成20年の調査開始以降で最も低く、「国産食品は高い」というイメージは薄れてきている。国産食品の安全性については、「安全性に問題がある」は2.7%とわずかで良好な水準を維持している。
 一方、輸入食品のイメージは「安全面に問題がある」が35.3%で前回比1.7ポイント減とマイナスイメージが8半期連続で低下。輸入食品の安全性のマイナスイメージは緩和傾向にある。

◆国産品に「こだわらない」ゆるやかに上昇

 輸入食品と比べ、どのくらいの価格差なら国産食品を選ぶかを調査したところ、割高でも国産品を選ぶ割合は、57.9%と過半を維持したが、緩やかな低下傾向にある。一方で、「国産品へのこだわりはない」は、16%と緩やかな上昇傾向にあった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る