Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食料自給率37.82% 実質0.4ポイントのアップ2020年8月5日

一覧へ

農林水産省は8月5日、令和元年度の食料自給率を発表した。それによるとカロリーベースの食料自給率は38%、生産額ベースでは66%となった。ただ、少数点以下は四捨五入したため、前年度に対し0.4ポイントのアップにとどまり、「食料・農業・ 農村基本計画」で2030年度の目標とする45%からみると、ほぼ横ばいの状況となった。

カロリーベースによる実際の自給率は37.82%。小麦の反収が増えたことなどがプラス要因になった。飼料自給率は、前年並みの25%で、カロリーベースの食料国産率(飼料自給率を反映しない)は、前年に比べ1ポイント上昇の47%になった。「麦の面積が伸びており、家畜頭数も上向きの効果が(数字に)出ている」(同省技術会議事務局研究調整課)と評価した。

一方、生産額ベースでは、豚肉などの国産単価が上がり、野菜が増収によって単価が下がったことなどから、前年並みの66%となった。食料国産率(飼料自給率を反映しない)は、前年並みの69%だった。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る