想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

保管中農産物の損害を補償-全国農業共済協会2020年8月25日

一覧へ

農業共済団体(NOSAI団体)は、9月から農家が倉庫などに保管している農産物を対象に、火災や自然災害、盗難などによる損害を補償する「保管中農産物補償共済」を新設する。

保管中農産物の損害を補償-全国農業共済協会

NOSAI団体では、平成27年9月の関東・東北豪雨で農家の納屋などで保管していた米が水害で被害をうけたことをふまえ、米穀、麦、大豆を対象に保管中の事故をカバーする収容農産物補償を建物総合共済の特約として平成28年から導入した。

しかし、昨年の台風15号、19号では、りんごなど補償対象外の農産物で被害が発生したことから、今回、米穀、麦、大豆以外の果樹や畑作物共済の対象作物についても収穫後から出荷までの保管中事故を幅広くカバーする「保管中農産物補償共済」を新設することにしたもの。

補償対象は米穀・麦のほか、みかん、りんご、なし、ぶどうなどの果実や大豆などの畑作物。対象となる事故は、火災および水害などの自然災害に加え、盗難、運送中の事故による損害も補償する。損害額の全額を共済金として支払う(地震等事故の場合は損害額の30%。加入口数に応じた共済金額が支払限度額)。

1品目1口あたり共済金額100万円で必要な口数まで加入できる。

出荷前の一時保管向け(Aタイプ)と通年保管向け(Bタイプ)がある。

(1)Aタイプ:共済責任開始日から連続した120日間が補償期間。共済掛金は1品目・1口あたり2500円。

(2)Bタイプ:共済責任開始日から1年間が補償期間。共済掛金は1品目・1口あたり6500円。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る