想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ネギハモグリバエに注意を 栃木県農業環境指導センター2020年9月7日

一覧へ

栃木県農業環境指導センターは9月4日、昨年県内では初めて確認されたネギハモグリバエの被害が拡大していると注意を促した。

ネギハモグリバエB系統の成虫ネギハモグリバエB系統の成虫

昨年の初確認は9~10月にかけて。6市町のねぎ栽培ほ場においてで、従来のA系統より激しく食害する傾向があるB系統の食害を多くのほ場で確認した。

今年もすでに一部のほ場で激しい食害を確認しており、「被害が拡大している」(同センター)と考え、昨年発生しなかった地域でも発生する可能性があるとみて注意を促した。

今年も9~10月にB系統の発生が増えると見込んでおり、昨年被害を被らなかった地域においても十分な注意と多発前の防除が重要だとしている。

AB両系統とも成虫は葉の組織内に産卵し、孵化した幼虫は葉の内部に潜り込んで葉肉を食害する。発生が確認されたB系統はA系統より発育にかかる所要日数が短いことが分かっており、とくにB系統は集団で動く傾向がある。ひどい場合は葉全体が白化する。

ネギハモグリバエに適用のある薬剤で発生初期の防除を徹底することが重要だが、IRACコードの異なる薬剤をローテーションで使用し、抵抗性の発達を抑制する防除も大事だ。発生を確認した際は、速やかな防除が必要になる。

ねぎは薬液が付着しにくく、展着剤を使って展着性を高めることも重要としており、食害に遭った葉や収穫残さは本種の発生源となるためほ場には放置せず、一カ所にまとめて積み上げ、ビニールなどで覆い、裾の部分を土で埋めて密閉するなど適切な処分を促している。

【栃木県農業環境指導センター】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る