想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ローズマリーにヨコバイ科の一種が発生 東京都2020年11月4日

一覧へ

東京都病害虫防除所はヨコバイ科の一種のEupteryx decemnotata Reyによるローズマリー被害を東京都区部と多摩地域で初めて確認。10月30日に病害虫発生予察特殊報第1号を発表した。

成虫、成虫の頭部 (横浜植物防疫所原図)成虫、成虫の頭部 (横浜植物防疫所原図)

5月に東京都区部で鉢植えのローズマリーに害虫が発生し、葉が変色しているとの情報提供があり、現地調査を行ったところ、採取した葉からヨコバイ類の成虫が確認された。また、多摩地域のローズマリーにも類似したヨコバイ類を確認し、横浜植物防疫所に同定を依頼した結果、いずれもEupteryx decemnotata Reyであることが判明した。

同種は平成28年に千葉県で確認されて以降、神奈川県、大分県、大阪府、京都府、愛知県で発生が確認されている。

成虫は体長2.2~3.0mmで細長く、体色は黄緑色で前翅に褐色で縁取られた斑紋が多数ある。頭部には10個の黒色斑紋がみられる。

国内での生態は明らかになっていない。ヨーロッパが原産で、ヨーロッパ各国、アメリカ合衆国、チュニジアで発生が確認されている。寄主植物は主にシソ科でローズマリーのほか、海外ではレモンバーム、ペパーミント、イヌハッカ、バジル、オレガノ、マジョラム、セージ、タイム等への寄生が報告されている。

被害として、この虫が吸汁することで葉表にかすり状の小斑点を生じる。被害が大きいと黄化、落葉する。

10月29日現在、この種に対する登録農薬はない。防除対策では、寒冷紗等の被覆資材で植物を覆い、本虫の侵入を防止する。被害が大きい株は抜き取り、穴に埋める等、適切に処分をするよう促している。

ローズマリーの葉の被害(かすり状の小斑点)、鉢植えのローズマリーにおける被害(葉の黄化)ローズマリーの葉の被害(かすり状の小斑点)、鉢植えのローズマリーにおける被害(葉の黄化)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る