想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コギクのアブラムシ類発生で注意喚起 沖縄県2020年11月4日

一覧へ

沖縄県病害虫防除技術センターは、年末出荷用のコギクにアブラムシ類の多発生を確認し、10月30日に病害虫発生予察注意報第9号を発表した。

沖縄本島における10月のほ場調査の結果、アブラムシ類の茎当たり成幼虫数は0.45頭/茎(平年:0.0 頭/葉)、発生ほ場率は87.5%(平年:19.9%)となり、平年と比べ多発生していることが分かった。

「今期と平年の発生推移」と「 発生ほ場率の推移」「今期と平年の発生推移」、「 発生ほ場率の推移」

有翅虫有翅虫

コギクにはキクヒメヒゲナガアブラムシやタイワンヒゲナガアブラムシ、ワタアブラムシなどが寄生し、有翅形と無翅形がある。キクヒメヒゲナガアブラムシの成虫は体長1.8~2.6mm、体色は光沢のある暗赤褐色、または赤色をおびる黒褐色で発生初期は葉裏に寄生することも多く、多発すると新芽や葉裏に群生する。

タイワンヒゲナガアブラムシの無翅雌虫は体長3~3.5mm、体は暗赤褐色で腹部は黒褐色で光沢がある。有翅雌虫は体長約3mmで頭部と胸部は黒色、触覚は体長よりはるかに長く、腹部側面に円形の斑紋がみられる。茎の上部に多く発生し、葉の裏に寄生することもある。

ワタアブラムシは黒、黄、緑など体色に変化が多く、同じコロニーであってもいくつかの体色の個体が混じり合っていることも多いとしている。

多発時の様子多発時の様子

アブラムシ類は年中発生するが、キクヒメヒゲナガアブラムシはヨモギ、ヨメナなど、タイワンヒゲナガアブラムシはノゲシ、アキノノゲシ、オニノゲシ、ニガナ、レタスなど、ワタアブラムシは野菜、花き、果樹類など多数の雑草や植物に寄生する。発生時期は特に10月~翌年4月にかけて多発し、生育を著しく阻害するため発生初期の防除に重点を置くよう注意を呼びかけている。

防除方法では粒剤の施用を推奨しており、ほ場を丹念に見回り、新葉部を中心に発生が認められた場合は薬剤散布を行う。また、同一薬剤の連続使用は薬剤の抵抗性を発達させやすいため、ローテーション散布を行うよう呼びかけている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る