想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小豆島の農と暮らしを知る 宿泊施設オープン 井上誠耕園2021年1月12日

一覧へ

オリーブと柑橘の農園、井上誠耕園(香川県小豆郡小豆島町)は、空き家を改装した1日1組限定の貸し切り一軒家の宿、おとまり忠左衛門「吉野」をオープン。宿泊の予約受付を始めた。

おとまり忠左衛門「吉野」

小豆島には島遍路の文化が根付いており、かつては遍路宿と呼ばれる宿舎が点在。人々の交流が生まれることで、それぞれの村の経済が回っていたが、現在は、年々各集落の衰退とちにに空き家が増え、当時の活気が失われつつある。

こうした時代の流れの中、小豆島の農家である同社は「かつての活気を取り戻したい」「小豆島に新たな人の流れを創りたい」という想いが長年あり、2020年から小豆島活性化の第一歩として、宿泊事業をスタート。点在する空き家を宿にすることで人々の交流を生み、小豆島の文化を知り、島の魅力を今一度再発見してもらうことをめざしている。

観光スポットだけでなく小豆島に根付く文化、生活、産業の中にも小豆島の魅力は潜んでいる。あえて、観光スポットではない島の人々の生活がある場所に忠左衛門「吉野」をオープンすることで、島の人たちのリアルな風景を「見に来る」のではなく「その風景と一体化し体験する」ことができる宿泊施設を提供する。

小豆島には、オリーブを始め素麺や醤油などの特産品や様々な産業があり、至る所にオリーブの木が植えられ、農作業する人々の姿がある。ほかにも素麺を作っている人々、漁の準備をしている漁師の姿、醤油蔵から流れてくるもろみの香りなど島の集落を見て、感じられる。おとまり忠左衛門「吉野」では、宿を拠点として井上誠耕園のオリーブの魅力を味わえるプランとともに、小豆島ならではのリアルな体験を五感で味わえる様々な付属プランを用意している。

井上誠耕園での体験「季節の農園ガイド」井上誠耕園での体験「季節の農園ガイド」

【おとまり忠左衛門「吉野」】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る