想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国内で初めてクロネハイイロヒメハマキのオリーブ寄生を確認 香川県2021年1月29日

一覧へ

香川県農業試験場病害虫防除所は1月28日、小豆島町のオリーブにクロネハイイロヒメハマキの寄生を初めて確認し、特殊報第4号を発令した。

クロネハイイロヒメハマキの成虫(撮影:香川県農業試験場小豆オリーブ研究所撮影)クロネハイイロヒメハマキの成虫(撮影:香川県農業試験場小豆オリーブ研究所撮影)

8月に香川県農業試験場小豆オリーブ研究所内のオリーブに、新梢の葉を綴って食害しているハマキムシの幼虫を発見した。幼虫を採取し飼育したところ、これまでの加害種とは異なる蛾が羽化したため、神戸植物防疫所に羽化成虫の同定を依頼した結果、クロネハイイロヒメハマキと判明した。なお、9月~10月に県内の経済栽培園地や街路樹などのオリーブを加害しているハマキムシ類を調査したが、この種の寄生は確認していない。

小豆オリーブ研究所と病害虫防除所がこれまで確認していたオリーブを加害するハマキムシ類は、チャハマキ、チャノコカクモンハマキ、マエアカスカシノメイガの3種だった。この種の寄主植物はリンゴ、ズミ、ウワミズザクラ(バラ科)、イボタノキ(モクセイ科)、イヌツゲ、アオハダ(以上モチノキ科)。国内では北海道から沖縄まで広く分布しており、香川県全域に生息していると考えられる。同防除所の担当者によると、「クロネハイイロヒメハマキは広範囲に生息しているが、オリーブへの寄生の報告は国内初と考えられる」と話し、特殊報の発令に至ったと説明している。

成虫の体長は開張11~23mmで、幼虫の体長は約10mm。オリーブでは幼虫は新芽や新梢を綴り合わせて食害し、その中で蛹化する。リンゴでは年間3~5回発生するとみられ、枝や幹に産み付けられた卵で越冬する。

防除対策では、オリーブまたは果樹類のハマキムシ類に対して登録のある農薬で防除する。発生を確認した場合は、寄生している葉ごと速やかに除去し、適切に処分するよう促している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る