想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

田植え時期にジャンボタニシ対策を 沖縄県2021年2月2日

一覧へ

沖縄県病害虫防除技術センターは、水稲(一期作)作付けのジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の防除対策をまとめ、1月29日に病害虫発生予察技術情報第2号を発表した。

石垣島のジャンボタニシ発生ほ場率(左)と貝数の推移石垣島のジャンボタニシ発生ほ場率(左)と貝数の推移

10月(二期作)に行った石垣島でのジャンボタニシの調査では、発生ほ場率37.5%(平年18.3%)、貝数0.3 頭/平方メートル(平年0.1頭/平方メートル)と平年よりやや多い結果となった。石垣島では1月末から田植えが始まっており、今作(一期作)でもジャンボタニシの発生が増加する恐れがある。

ジャンボタニシの成貝ジャンボタニシの成貝

水稲では移植後2~3週間までの若苗を食害し、多発すると欠株や育成障害を引き起こす。同センターの担当者は「被害を防ぐためには、田植え前から田植え後3週間までの防除対策が重要となる」と話し、ジャンボタニシの防除対策の徹底を呼びかけている。

防除対策は次のとおり。

(1)貝および卵塊は見つけ次第除去する。人体に有害なセンチュウが寄生している場合があるので、捕殺する際にはゴム手袋を着用する。

(2)取水口に侵入防止網など(目合5~10mm程度)を設置し、用排水路からの侵入を防ぐ。

(3)水深が深い場所の幼苗は集中的に食害されるため、ほ場自体に傾斜や凹凸が生じないよう均平にする。

(4)本田での食害が集中する移植後2~3週間は1cm以下の浅水管理に努め、この種の活動を抑えるとともに、メタアルデヒド粒剤などの薬剤を施用する。

(5)産卵場所となる畦畔および用排水路周辺の雑草を除去する。

(6)収穫後は通常より浅く、遅い速度で丁寧に耕耘し成貝を破砕する。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る