Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

タマネギべと病多発で注意報 大阪府2021年5月11日

一覧へ

大阪府環境農林水産部農政室は5月6日、泉州地域でタマネギべと病の発生が多い傾向にあることから、病害虫発生予察注意報第1号を発表した。

たまねぎべと病2次感染株たまねぎべと病2次感染株

3月上旬に行ったべと病発生予察調査で、越年り病株が複数ほ場で見られ、早生系品種では2次感染株が確認された。

4月15日と22日の泉州地域(泉佐野市8ほ場、岸和田市7ほ場)調査では、べと病の発病ほ場率は60.0%(平年37.5%)、発病株率は15.5%(17.1%)で、どちらも平年を上回った。

大阪管区気象台が5月6日に発表した大阪府農業気象速報では、向こう1ヵ月の降水量は、多い確率50%、日照時間は少ない確率50%となっている。今後、降雨や曇天が続く気象条件によっては、べと病の多発が懸念されることから、早期の発見と防除徹底を呼びかけている。

防除対策は次のとおり。

〇発生を認めたら治療効果が期待される剤を散布する。

〇同一薬剤の連用を避ける。以下の薬剤を参考とする。

〇散布については、同一成分薬剤の使用回数、収穫前日数に注意する。

たまねぎべと病の防除薬剤(例)たまねぎべと病の防除薬剤(例)

【Web版大阪府病害虫防除指針】

【農水省農薬登録情報提供システム】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る