Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農協の組合員数 1047万人 0.2%減-2019(令和元)年度2021年6月7日

一覧へ

農林水産省が5月28日に公表した「令和元事業年度農業協同組合一斉調査結果」によると組合員数は約1047万人で前事業年度に比べて0.2%減少した。

農協の組合員数 1047万人 0.2%減-2019(令和元)年度

正組合員数は417万9000人で▲1.6%。准組合員は628万7000人で0.7%増えた。

役員数は1万6241人で前事業年度にくらべて675人減少するなかで、女性役員は1358人となり11人増えた。職員数は19万785人で4723人減少した。

事業総利益は1兆7441億円で573億円(3.2%)減少した。信用事業総利益は7337億円で305億円(4.0%)減少した。共済事業総利益は4428億円で214億円(4.6%)減少した。

販売事業総利益は1478億円で3億円(0.2%)増加した。

事業管理費は1兆5830億円で272億円(1.7%)減少。人件費は1兆1247億円で250億円(2.2%)減少した。

経常利益は2488億円で226億円(8.3%)減少したものの、当期剰余金は1502億円で85億円(6.0%)増加した。

当期剰余金発生農協は546で全体の89.4%となった。一方、当期損失金発生農協は65。10.6%だった。

事業の状況のうち、信用事業の貯金平均残高(月末)は104兆4293億円で1兆3420億円(1.3%)増加した。貸出金は21兆8337億円で1634億円(0.8%)増加した。

預金は79兆5656億円で1兆945億円(1.4%)増加した。有価証券等は3兆9248億円で651億円(1.6%)減少した。

共済事業のうち長期共済の新契約高は21兆8599億円で5兆2899億円(19.5%)減少した。保有契約高は245兆4075億円で7兆2652億円(2.9%)減少した。短期共済の掛金は4751億円で54億円(1.1%)減少した。

経済事業のうち、購買品供給・取扱高は2兆4009億円で996億円(4.0%)減少した。生産資材は1兆8032億円で437億円(2.4%)減少。生活物資は5977億円で560億円(8.6%)減少した。

販売品・取扱高は4兆5251億円で428億円(0.9%)減少した。農産物は3兆1720億円で460億円(1.4%)減。畜産物は1兆3531億円で32億円(0.2%)増加した。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る