JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

【米政策】米の現物市場検討会を設置 農水省2021年10月1日

一覧へ

農林水産省は米の現物市場の創設について検討するため、関係者が参加する「米の現物市場検討会」を設置し第1回検討会を9月29日に開催した。

米の生産現場では米の需給実態を示す価格指標として十分な現物市場が存在しておらず、さまざまな米の用途の需給に応じた価格形成を行う現物市場について具体的に議論することが求められるとして自民党の関係部会も農林水産省に要請していた。

検討会は自由な意見交換を確保する観点から非公開とされた。第1回会合ではそれぞれの立場から米の現物市場の検討の方向性について意見を表明した。11月下旬の第2回会合では論点を整理し、来年3月上旬に検討会として取りまとめる。米の現物取引については、平成2年産米から(財)全国米穀取引・価格形成センターがおもに活用されていた。平成16年の食糧法改正で米の流通が自由化されたことから取引数量は激減し23年末で解散した。

◎米の現物市場検討会委員名簿

▽大熊茂・一般社団法人全国スーパーマーケット協会調査役

▽齋藤一志・株式会社まいすたぁ代表取締役

▽白井恒久・わらべや日洋ホールディングス株式会社取締役常務執行役員

▽鈴木千賀雄・全国主食集荷協同組合連合会常務理事

▽高尾雅之・全国農業協同組合連合会常務理事

▽中嶋康博・東京大学大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻教授

▽馬場利彦・全国農業協同組合中央会専務理事

▽平石博・有限会社グリーン代表取締役

▽佛田利弘・株式会社ぶった農産代表取締役

▽村瀬慶太郎・株式会社むらせ代表取締役社長

▽山﨑元裕・株式会社ヤマタネ代表取締役社長

(五十音順、敬称略)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る