JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農業DX構想「農業×デジタル」で食と農の未来を切り拓く セミナー開催 JPI2021年10月6日

一覧へ

日本計画研究所(JPI)は10月21日、農林水産省大臣官房デジタル戦略グループの荒木智行氏を招いてセミナー『農林水産省:農業DX構想~「農業×デジタル」で食と農の未来を切り拓く~その目指す姿と今後の取組みについて』をオンラインと会場開催で実施する。

講義では、3月に公表された農業DX構想について、とりまとめに至った背景として農業を取り巻く環境や、デジタル技術活用の現状について触れる。また、同構想の意義・目的や、農業DXの実現によって目指す姿、取組を進めるに当たっての基本的考え方などについて説明する。また、農業DX実現に向けて実際に取り組んでいくべき課題について紹介し、意見交換を行う。

セミナー終了後は、講師と参加者間での名刺交換会を実施。また、会場とライブ配信・アーカイブ配信受講のいずれかを選べる。

◎開催概要
日時:10月21日9:30~11:30
会場:JPIカンファレンススクエア
講師:農林水産省大臣官房デジタル戦略グループデジタル政策推進チームチーム長荒木智行氏

参加費
・民間参加費(1人)3万3120円(資料代・消費税込)※正規申込1人に付、同社より1名無料同行可(要登録)
・行政参加費国家公務員・地方自治体職員は、1人1万6500円(資料代・消費税込)

<講義項目>
1.「農業DX構想」取りまとめの背景
(1)農業をめぐる状況
・農業従事者数、農地面積等の動向
・生産性の現状
(2)農業・食関連産業でDXを進める意義
(3)農業・食関連産業分野のDXのプレーヤーと役割

2.農業DX実現に向けて実行中の主なプロジェクト
(1)農林水産省共通申請サービス(eMAFF)
・eMAFFによる行政手続・補助金のオンライン化
・eMAFFの仕組み
・eMAFFの現在の運用状況及び今後の展開
(2)農林水産省地理情報共通管理システム(eMAFF地図)
・eMAFF地図による農地情報の一元化
・eMAFF地図の開発状況及び将来の活用像
(3)その他のプロジェクト
・農林水産省業務の抜本見直し
・MAFFアプリ
・農林水産省におけるデジタル人材の育成

3.「農業DX構想」
(1)取りまとめの背景
(2)構想の概要
・意義・目的
・目指す姿
・基本的方向
(3)取組課題(プロジェクト)
・農業・食関連産業の「現場」系プロジェクト
・農林水産省の「行政実務」系プロジェクト
・現場と農林水産省をつなぐ「基盤」の整備に向けたプロジェクト
(4)農業DX構想参考資料「食卓と農の風景2030」

4.関連質疑応答

5.名刺交換会講師及び参加者間での名刺交換会を実施。

【参加申込】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る