2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

有機農業 2万5000ha 10年で5割拡大 農水省2022年7月19日

一覧へ

農林水産省はこのほど2020(令和2)年度の有機農業の取組面積をまとめた。過去10年で約5割拡大した。

有機農業 2万5000ha 10年で5割拡大 農水省

有機農業の取組面積は2万5200haで耕地面積に占める割合は0.6%となった。2010年の1万6700haと比べると51%増加した。

このうち有機JAS認証を取得しているのは1万4100haで10年で50%増加した。

有機JAS認証を受けている農地が拡大傾向にある。牧草地では2017年に870haだったが2020年には3415haまで増えた。このうち北海道が2545ha、千葉県が55haとなっている。

普通畑も同期間に5097haから5560haへと増えた。このうち北海道では110ha、千葉県では64haとなっている。

茶畑は同期間に1255haから1424haへと増えた。このうち鹿児島県が179ha、宮崎県が35haとなっている。

みどりの食料システム戦略では2030年に有機農業の面積を6万3000haとする目標を掲げている。目標達成には2020年からの10年で2.5倍に増やす必要がある。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る