2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「水が来ない!」畜産農家などに打撃 台風14号 宮崎県内で農業被害広がる2022年9月21日

一覧へ

九州などに上陸した台風14号により宮崎県で農業被害が広がっている。県内各地で水田や農業用ハウスが冠水する被害が相次いだほか、停電で計10万羽もの鶏が死んだことが確認された。また、断水で牛などに水が供給できず、生産者が給水場所から水を運んで対応に当たるなど、資材高騰などに苦しむ畜産農家がさらなる打撃を受けている。

宮崎県の台風14号被害.jpg

台風14号による大雨で冠水したJA宮崎中央家畜市場(宮崎県提供)

宮崎県によると、県内では台風14号により各地で水田が冠水する被害が広がっているほか、野菜についても各地でハウスが冠水する被害の情報が入っており、詳しい被害状況の確認を急いでいる。

農地・農業用施設関連では、高千穂町で土砂崩れで牛舎が道路に押し流され、親牛3頭の生存が不明。また、都城市と新富町では、停電により換気扇が停止したため合わせて採卵鶏約10万羽が死んだという。
宮崎市にあるJA宮崎中央家畜市場では、牛舎やセリ市場、事務所が冠水した。牛舎に取り残された約30頭の牛は無事だったが、事務所内は机より高い所まで水位が上がり、サーバーやパソコンなどが使えなくなったという。来月にはセリ市が予定されており、復旧を急いでいる。さらに農地31カ所、農業用施設(水路、農道)で13カ所で被害が発生している。

また、県内各地で断水が発生し、畜産農家が打撃を受けている。土砂崩れで水を送るポンプが破損した高原町では、約75%に当たる3300世帯で断水が続いている。畜産農家は家畜に水を与えられなくなったため、町が設置した家畜用の給水場所にタンクを持参して水を運ぶなどして対応に当たっている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る