左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

食品産業 コスト増加の価格転嫁が課題 日本公庫調査2022年9月29日

一覧へ

日本政策金融公庫農林水産事業は9月26日、食品産業動向調査結果を公表した。景況は持ち直しの動きが続くが、コスト増加の価格転嫁が課題となっている。

調査は7月に実施した。上半期(1~6月)の食品産業の景況DIは、前回調査(令和3年下半期)から8.4ポイント上昇し▲0.8となった。持ち直しの動きが続いているが、下半期(7~12月)は3.1ポイント低下し▲3.9となる見込みで先行きは不透明となっている。

業種別景況DIは、製造業▲2.8、卸売業▲7.1、小売業▲14.5だが、マイナス幅は6.4~2.0縮小した。飲食業は前回から引き続きプラス25.0となった。

上半期の仕入価格DIは前回調査から20.9ポイント上昇し83.6となった。下半期は1.9ポイント上昇し85.5となる見通しだ。仕入れ価格の上昇が続くとの見方が強まっている。

上半期の販売数量DIは前回調査から12.3ポイント上昇し5.3となった。下半期は1.1ポイント上昇し6.4となる見通しだ。

上半期の販売価格DIは前回調査から27.4ポイント上昇し40.0となった。販売価格DIは2008年上半期に30となって以降、30を超えた調査結果はなく、今回は前回の12.6から一気に40.0へと上昇した。下半期はさらに上昇し53.2となる見込みだ。

国産農林水産物の今後の調達量について、「増加する」の回答割合をみると製造業では前回から4.3ポイント上昇し25.0%となった。飲食業(外食)では8.0ポイント上昇し19.8%となり、上昇幅がもっとも大きくなった。

原材料価格の高騰に対する対応を聞いたところ、「コスト増加分の全額には満たないが販売価格に転嫁(しようとしている)」が6割を超えた。「コスト増加分を全額販売価格に転嫁(しようとしている)」は約1割だった。

全額価格転嫁できない理由は、製造業、卸売業、飲食業(外食)で「原材料価格の上昇スピードに価格転嫁が追いつかない」が36.7%(飲食業)~54.6%(製造業)でもっとも高くなった。小売業では「同業者との横並びを基準に価格転嫁を決定」が40.4%でもっとも高くなった。

また、小売業と飲食業では「経営方針や戦略に値上げがそぐわない」、「自助努力でカバー」の回答割合が他業種に比べて高くなった。

コスト増加への対応策は、すべての業種で「歩留り・ロスの改善」、「仕入れ・調達以外のコストを削減」の回答割合が高くなった。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る